SNSフォローボタン

【真実】1人カラオケは恥ずかしいことじゃない。最先端でかっこいいものである。

このコロナというご時世もあり、1人でカラオケをする「ヒトカラ」が流行になっているのをご存知でしょうか?

「カラオケは、大人数で行くからこそ楽しいんだよ!」

こんなこと言っている人いたら、こう言ってやりたいですね。

「大人数でカラオケ?いつの時代の話をしてんの?縄文?それとも弥生?」

言い過ぎました。すみませんでした。
たしかに、大人数で行くカラオケは楽しいです。

ですが、


[カラオケ=複数人で行くもの]


という考えはもう古いんです。

カラオケは複数人だけではなく、一人で行く人が増えているんです。

今は、1人カラオケが普通の時代なんです。
なんせ、1人カラオケ専門店ができるくらいですから。


だから、
今現在、1人カラオケがしたいという方は、ラッキーです!!


ですが、「それでもやっぱり恥ずかしい…」と少しでもそう思っている方がいると思い、この記事を書きました。

安心してください。今日から1人カラオケ行けちゃいます。


最後には、すぐに実行できるアクションプランをご提示します。


じゃあまず、1人カラオケの何が恥ずかしいのか?
パターンはこんな感じです。


①入店時の店員さんとの対話+他のお客さんの目
②歌っているときに廊下を通り過ぎる人の目
③歌声の音漏れ
④注文したフード、ドリンクを店員さんが持ってきた時
⑤会計時の店員さんとの対話+他のお客さんの目



この5つの壁があることで、
1人カラオケ行きたいけど、恥ずかしくて行けないという人が多いのです。

逆に、この5つを改善すれば、1人カラオケが大好きになるかもしれません。


今回話す内容は、この5つの「恥ずかしい」に対して、何も思わなくなるメンタルづくりです。

それでは、行きましょう。

①入店時の店員さんとの対話+他のお客さんの目

一番最初の壁です。店員さんとの対話があります。
このとき、
「1人で入店して店員さんにどう思われているんだろ」と考えてしまいがちです。
ですが先ほども言ったとおり、

今の時代1人カラオケは普通ですので、店員さんは何も思いません

店員さんも1日に何百人ものお客さんと接しているわけで、1人でカラオケに来る人なんて全然珍しくないのです。
だから、何も気にせず、堂々と話せばいいんですよ(^^)

あとは、入店したときに他のお客さんがいる時ですね。

他のお客さんは1人のあなたを見て、思うことはこれです。

「あの人、1人カラオケきてる、すげえ!」

こう思うわけです。


そしてあなたも、こう思いましょう。

「1人カラオケしている自分かっこいいだろ?」と。

堂々とすることが大事です。


おどおどしているとダサいです。

②歌っている最中に廊下を通り過ぎる人の目

個室のドアには、ちょうど目の高さに合わせた透明ガラスが貼られてます。
そこから中が見えるようになっており、人が通るたびに見られているんじゃないかと、おびえながら歌う。
そんなんじゃ、楽しくありません。

でも大丈夫です。
その人はあなたに興味なんてありませんし、ましてや見てもないです。

万が一、見ていたとしても、その人は何も考えていません。
ただ見ただけです。


あと、あなたが1人かどうかはその一瞬では判断できません。

「それでもちょっと、、」と思う方は、
ドアから見えない死角で歌うのもありですよ。

③歌声の音漏れ

店にもよりますが、音漏れするところは割と多いです。
廊下だったり、横の部屋だったり、なんならトイレにまで、音漏れすることがあります。
音漏れ自体はどうすることもできません。

正直なことを言うと、たしかに音漏れが聞こえてきたとき、「おっ」とはなります。
でも、
立ち止まって聞くことはないです。

なぜなら、カラオケは歌を歌うところです。
歌声が聞こえてもそれが普通だからです。


気にしないで歌いましょう。

マイクを離して歌う、マイクと曲の音量を下げるという方法でも、少しは音漏れ防止にはなります。

④注文したフード、ドリンクを店員さんが持ってきた時

1人で大熱唱し、これからサビに入るって時に限ってちょうど来ちゃうんですよね。
店員さんも何も思ってはいないのですが、恥ずかしいですよね。


じゃあどうすればいいか。それは、


歌わなければいいのです。


何か注文したら、曲を入れずに待ちましょう。
この待ち時間は喉を休めるための休憩時間にします

1人カラオケの良いところは、自分のペースで歌えることです。

⑤会計時の店員さんとの対話+他のお客さんの目

最後の壁です。
もうここまでくれば、大丈夫だとは思いますが、お会計の時間です。
もちろん店員さんは1人のあなたに対して何も思いませんので気にしなくて大丈夫です。
あとは、堂々としましょう。

後ろに列ができるのは、カラオケではしょっちゅうあることなので、「自分のせいで、、」と思わないでください。むしろカラオケの会計は少し時間をとるものなので、それが普通です。

最後は焦らず堂々と会計しましょう。

おどおどしていると逆に目立ちます。

以上が5つの「恥ずかしい」の対処法でした。

どうでしたか?
どちらかというと、
行動より考え方で対処するほうが多かったと思います。

最初に言ったとおり、
今は1人カラオケが普通の時代なんです。
だから、1人でカラオケ行くことは恥ずかしいことではなし、むしろかっこいいです。

それでは最後の最後に、初心者でも1人カラオケがしやすいアクションプランをご紹介します。


<アクションプラン>


朝に入店することです
特に平日の朝が1番人が少なくて入りやすいです。
でも平日なんて、行けないですよね。
でも大丈夫です。


土日でも、オープンしてすぐに行けば、全然人は少ないです。
あまり遅いと、店によってはすぐに満室になるので、店選びと時間帯はちゃんと決めておきましょう。

そして、朝にはもう1つ良いところがあり、
それは、


1人カラオケに来ている人が多いです。

周りにも1人カラオケに来ている人が多いので、すごく入店しやすいです。

まだ1人カラオケに行ったことがない人は、ぜひチャレンジしてみてください!


最後まで見てくださりありがとうございました。
それではまた🌟